HOME
AGSについて
お問い合わせ

徹底したトップダウン・アプローチ(マクロ的観点の適用)

市場データを見ると、株価変動の要因はその50%が主要インデックスの状況に、30%が各業界の動きによるもので、実際の銘柄に起因するものはわずか20%に過ぎないことがわかります。

ソニーやトヨタを考えるのに日本の市場だけを見ていても完全には理解できません。またインテル、マイクロソフトのような米国企業を見ても、米国の状況だけでは判断できません。これらのような企業はグローバル企業として様々なファクターからの影響を受けます。世界の距離は極端に近くなり、新しい相関や因果 関係が多く発生しています。

トップダウン・アプローチとはマクロレベルで世界を捉え、何が世の中で起こっているかを広い見地から観察するアプローチです。国別 、産業別分析、人口統計分析に始まり、世の中のお金の流れを把握し、今後の経済、産業、セクターの見通 しを構築します。弊社は主要各国の株式、債券、為替、先物市場、経済指標、各国の規制、制度、さらには他者のファンドマネジャーが何をしているか、といったことまでを分析の対象としています。